女性

夜間の理学療法士なら仕事をしながら授業を受けられる

施術

求められている人材

理学療法士とは医療施設などでリハビリテーションを担当する仕事です。養成校で3年以上学び、国家資格を取得する必要があります。養成校には夜間コースを設けているところもあり、仕事と両立しながら学べるのが最大のメリットです。

勉学

働きながら医療の資格を

理学療法士はこれからの日本でますます需要の高くなる医療国家資格です。社会人として働いているなかで、理学療法士を志す人のために夜間課程を設定している学校があります。4年制もしくは3年制であり、社会人は資格取得へのモチベーションが高く勉強熱心です。働きながらでも理学療法士の資格が取得できます。

男性

医療チームの立派な一員

医療チームの一員である理学療法士は国家資格の一つです。働きながら学ぶには、夜間部の利用がおすすめです。一般には昼間部より夜間部の方がカリキュラムが少なく設定してあります。知識や技術が心配なら、同等のカリキュラムを確保した夜間部がいいでしょう。医療福祉施設で働きながら通うと、意識向上につながります。

夜でも勉強できる学校

メンズ

昼働いて夜勉強

理学療法士になるためには国家資格を取得しなければなりません。その国家資格を取得するためには、指定されている学校に通ってスキルを習得しなければなりません。大学又は専門学校で理学療法士になるための学科に進学し、3年又は4年ほど通って学んでいきます。理学療法士になるために高校を卒業してから大学又は専門学校へ進学して目指す人もいますが、なかには転職を目指して社会人から通って勉強する人も多くいます。そのような人のほとんどは、働きながら学ぶことがあり、なかなか昼間に学校に通うことができないこともあります。そのような人のために、夜間で学ぶことができる専門学校もあります。夜間の場合は昼間に勉強するよりも通う期間が多い学校がほとんどですが、働きながら勉強することができるということで進学する人は多くいます。大体の専門学校で夜間部は4年間通うところが多くありますが、探せば3年制のところもあるといわれています。しかし人の身体を扱う仕事となるので、じっくりと4年間学んで理学療法士の資格を取ることも良い方法となります。もちろん社会人でなくても、高校を卒業してから直接、夜間部のほうへ進学する人もいます。理学療法士はリハビリを行うためのサポートをする立場であり、人の役にたちたいという気持ちで学ぶ人が通っています。リハビリを行うために、患者とのコミュニティも必要とします。学校で共通する仲間とかかわりながら、スキルだけでなくコミュニティの力も身につけていくことでもっと人の役にたつ存在になることができます。